観葉植物は置く場所にあった種類を選びましょう

観葉植物は主に屋内でグリーンを楽しむために置かれるものです、部屋内に植物があると気分が落ち着きリラックス効果が期待できますので、多くの家庭やホテルや店舗などで見かける事でしょう。プレゼント、開店・新築祝い等での利用が多いのもうなずけます。様々な種類がある中でどれを選べばよいかということは、置く場所を考える必要があります。現在の大きさはもとより、どれくらい育つかまで考慮した方が良いでしょう。また植物は、寒さに弱いものや水量の多少、日光の好き嫌いなども様々です。置く場所がどのような傾向なのかを見極めて判断しなくてはなりません。さらに、置く場所の雰囲気に合わせたものを選びたいものです。樹木の形や葉の感じ、ツル性植物等の特徴によってイメージが大きく違います。トロピカルな雰囲気や落ち着いた印象、和風なイメージなど、空間に合わせてコーディネイトすると良いでしょう。

観葉植物は種類や大きさで選ぼう

部屋のインテリアとして観葉植物を置く方は多いですね。家の中に緑があるだけで気持ちがなごみますし、健康面でも良い効果が得られます。リビングに置いたり寝室や玄関に置くこともできますが、その部屋に合った物を選ぶといいでしょう。観葉植物にはさまざまな種類があります。販売店に行くと分かりますが、大きめの物から小振りの物まで実に豊富ですね。広めのリビングに置くなら大きいタイプがおすすめです。存在感が抜群でインテリアとしても最適です。そこにあるだけで目をひく存在になりますね。他の細々としたインテリアグッズを選ぶ必要がなくなるので、インテリアで困ってしまったときにも便利です。小振りのタイプが似合うのは、同じリビングでも棚の上やダイニングテーブルの上でしょう。観賞用として自然の緑を楽しみましょう。中間のサイズなら、どこに置いてもマッチます。

育てやすい観葉植物の種類とは

家の中に緑があると、心が安らぎますよね。しかし、植物を育てるのは案外苦手という方も結構いらっしゃるのではないでしょうか。今は、100円均一でもいろんな種類の観葉植物が売っている時代です。手に入れやすいのは確かですが、一体どんな植物があるのかご存じですか。一般的に育てやすいのは、水を葉っぱに多く貯蔵することのできる多肉植物やサボテンなんかではないでしょうか。また、植物を植える土を、発泡煉石に変えるだけで、土で育てるよりも水やりが簡単になるものがあります。粘土を高温で焼き上げたもので、その粘土には水と空気を貯める小さな穴があります。その為、多孔質で適度な水分と空気を保持することが出来、植物が育てやすいというわけです。植物だけ買って、可愛い容器に植物を入れテーブルに飾る、こんな簡単なことで素敵なお部屋に変わります。みなさんも、挑戦してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)