韓国の気温について

韓国の気候・気温についてです。韓国は地理的に中緯度温暖性気候帯に位置しております。春・夏・秋・冬の四季がはっきりしているそうです。冬には寒冷乾燥した大陸性高気圧の影響を受け、寒くて乾燥するそうです。夏には高温多湿の北太平洋高気圧の影響で、蒸し暑いそうです。春と秋には、移動性高気圧の影響で、乾燥した晴れの日が多いのが特徴だそうです。韓国の気温は中部山間地方を除いて、だいたい年の平均気温が10~16℃だそうです。最も蒸し暑い8月で、23~27℃くらい。5月は16~19度。10月が11~19℃くらいだそうです。最も寒い1月は?6~?7℃まで下がるそうです。年間降水量は、中部地方は1100~1400mm、南部地方は1000~1800mmで、慶尚北道(キョンサンプッド)は1000~1200mm、慶尚南道(キョンサンナムド)海岸一部地域は1800mmぐらい、済州島(チェジュド)地方は1450~1850mmだそうです。年間降水量の50~60%が夏にだそうです。湿度は7月と8月が高く、全体的に80%ほどで、9月と10月は70%前後だそうです。春は3月下旬に済州島から桜前線が北上し、ソウルでは4月中旬頃に桜が見られるそうです。桜の他にもレンギョウ、ツツジなどが市内の公園などにあります。暖かな陽気が続きますが、気圧の差によって黄砂現象やフェーン現象もあるそうです。それでも4月中旬までは朝晩が冷え込むので薄手のコートは必要みたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)