韓国の食器

韓国の食器についてです。まずステンレス箸です。ステンレス箸は、長さは25cm 程度です。先は尖ったようで鋭くなく平らです。 日韓では箸の特徴に差がありますので注目ですね。韓国では、戦争で移動が多かったため壊れにくくて持ち運びしやすい金属食器が主として使われていたそうです。昔は、銀と 真鍮を主に、 現代は重たいステンレススチールや軽いアルミニウム などが使われているそうです。石焼ビビンバ器についてです。 韓国は世界的な角閃石の特産地として有名ですので石焼ビビンバ器はそういうのを使用します。韓国産の角閃 石が世界的に特産品として評価されているのは、他の石材に比べ 耐熱性が非常に優れているからだそうですのでビビンバはおいしいです。鉄分とミネラルを多量に含む原料で作られた製品なので、遠赤外線及びミネラルなどを 多量に放出しますから、ビビンバはさらにおいしいです。 耐熱陶器 チゲ鍋用についてです。 土焼きに焦げ茶の釉薬を着せて焼いて作られたものになってます。見た目、粗荒い感じを与えますが火に強くスープなどの 汁物に適していますのでチゲなべがおいしいのです。トゥッペギは過熱に時間がかかるという弱点が あります。しかしながら熱したあとの保温性に優れており料理をあたたかく食べれます。ですからチゲなべはおいしいのです。韓国独自の食器はとても多くありますので、いろいろ研究してみてくださいね。面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)